禅語を味わう

  • ふとう

    不倒

    達磨大師の不撓不屈の精神を形に表わした「おきあがりこぼし」。高崎の福だるまもその精神を受け継いで、重心が低くで...

  • むしん

    無心

    無心とは心が無い空虚状態ではない。良寛和尚が「花無心にして蝶を招く」の句を示されたように大自然のありのままの生...

  • ふくじゅかいむりょう

    福寿海無量

    『観音経』の中に「福寿海無量」の一句がある。 これは観世音菩薩の功徳は「福を聚めた大きな海のように量に限りが...

  • せいふうめいげつをはらう

    清風払明月

    この句は「明月払清風(明月 清風を払う)」と対句である。「美しく輝く月」はそれだけでただ美しい。「さわやかで清...

  • ずいしょにしゅとなる

    随処作主

    この語は臨済宗の開祖、臨済義玄禅師の言葉として知られている。 臨済はいう。いつでもどこでもあなたが“主人公”...

  • ばんぶつこうきをしょうず

    萬物生光輝

    この世のすべてのものは自ら光り輝いている。それは一夜のうちに醒めてしまうような錯覚の類ではない。しかも、「すべ...

  • しょうこきゃっか

    照顧脚下

    禅寺の玄関には「照顧却下」と書いた札が掲げてあることが多い。とかくこの言葉を「玄関で靴を脱いだり履いたりする時...

  • ばんぽういちにきす

    萬法帰一

    「天地と我と同根、万物と我と一体」という禅語がある。この世の森羅万象は究極において「一」に帰るのだ。「一」とは...

  • いってんばいかのずい

    一点梅花蘂

    はるか昔から日本人は梅の花に特別な思い入れを持っている。梅花は春を告げる花であり、他の樹木や草木が芽吹く前の早...

  • せいふうそうち

    清風匝地

    この世界にはすがすがしい風が大地いっぱいどこにも止むことなく常に吹き続けている。この世に生きる人々が抱える苦し...

  • さんしょくしょうじょうしん

    山色清浄身

    この禅語の原典は宋の詩人である蘇東坡の詩の一節である。雄大な山の景色はそのまま仏陀のすばらしい尊敬すべき姿なの...

  • きんもうのしし

    金毛獅子

    昔から禅宗では獅子の吼える姿を仏陀や禅の高僧の説法になぞらえる。獅子は百獣の王である。その獅子の中の獅子であり...

  • へいじょうしんこれどう

    平常心是道

    唐代の禅の高僧、南泉と趙州の禅問答から有名になった言葉である。 禅で言う「平常心」とは、普段の心持ちなどとい...

  • かくねんむしょう

    廓然無聖

    禅宗の初祖菩提達磨大師の言葉で、悟りの境地を一言で表わした語として知られる。「廓然【かくねん】」とは台風一過の...

  • けっかじねんじょう

    結果自然成

    禅宗の初祖菩提達磨大師が慧可に伝えた伝法偈の中の一句と伝えられており「一華開五葉」と対句を成している。「吾れ本...

  • いっかごようひらく

    一華開五葉

    禅宗の初祖菩提達磨大師が慧可に伝えた伝法偈の中の一句と伝えられており「結果自然成」と対句を成している。「吾れ本...

  • はちめんきせいふう

    八面起清風

    さわやかな涼風が四方八方から吹き抜けるような夏向きの禅語です。 この禅語は『五燈会元続略【ごとうえげんぞくり...

  • つきしろくかぜきよし

    月白風清

    仲秋の風景にふさわしい句です。 身も心も洗われるような爽快さをおぼえる方も多いでしょう。 これは、中国宋代...

  • ほんらいむいちもつ

    本来無一物

    禅の端的を見事に言い当てたこの語は、中国禅宗の第六祖となった慧能禅師の言葉です。 これは慧能が師の第五祖弘忍...

  • だいどうちょうあんにとおる

    大道透長安

    これは中国唐代の末期に活躍された趙州従しん【じょうしゅうじゅうしん】禅師の言葉です。 計り知れない威徳を備え...

  • どくざだいゆうほう

    独坐大雄峰

  • きっさこ

    喫茶去

    「喫茶去」は茶席の禅語の中で最もよく知られた言葉でしょう。 「去」は意味を強める助辞。全体で「お茶をおあがり...

  • ぶじこれきにん

    無事是貴人

    この語は臨済宗祖・臨済義玄禅師の言葉で、禅者の書などによく見かける禅語です。 私達は、平素よく「無事」という...

  • ひゃっかはるいたってたがためにひらく

    百花春至為誰開

    花に関する禅語にはいくつか有名なものがありますが、これはその一つ「美しく咲き乱れる春の花はいったい誰の為に咲く...

  • しょうじゅせんねんのみどり

    松寿千年翠

    この語は松の木の緑色が千年の長い歳月を経ても風雪に耐えぬいて、少しもその色を変えないという意であり、祝語として...

  • にちにちこれこうにち

    日々是好日

    この語は中国の唐未から五代にかけて活躍された大禅匠、雲門文偃【うんもんぶんえん】禅師の言葉です。 たぐい希な...