禅語を味わう

きんもうのしし

金毛獅子

金毛獅子

獅子窟 戸並東策老師 書

昔から禅宗では獅子の吼える姿を仏陀や禅の高僧の説法になぞらえる。獅子は百獣の王である。その獅子の中の獅子であり、獅子の王が「金毛の獅子」だ。あなたは金毛の獅子の説法を聞きたいか?
だったら、まずあなた自身が禅を修行して、それを聞くことができるだけの器量をそなえることが不可欠だ。やがてあなたは、身近に「金毛の獅子」がいたことに気づくだろう。