禅語を味わう

  • ひゃっかはるいたってたがためにひらく

    百花春至為誰開

    花に関する禅語にはいくつか有名なものがありますが、これはその一つ「美しく咲き乱れる春の花はいったい誰の為に咲く...