総門

平成9年10月5日開創300年を記念して建立された門で、本山である黄檗山万福寺の総門と同じ様式で造られました。

この門は地すべり対策工事で伐採した境内のけやきを使って建てられました。中央の屋根を高くし、左右を低くしたこの形式は中国の様式で牌楼式[はいろうしき]といい、漢門からもんとも言われます。また、屋根に摩伽羅まから摩伽羅まからは名古屋城の金のしゃちほこに似ていますが、尾ひれがありません。これはインドの伝説上の動物でガンジス河の女神の乗り物で、そこに棲むワニをさすといわれています。ワニは水辺の動物で一番強く聖域、浄域の結界けっかいを守るために守護神として屋根で見張っているのです。をのせているのとれんれん対聯ついれんともいい、柱や壁に対になる詩を掲げるもので、この聯はこの寺を開山した東皐心越禅師とうこうしんえつぜんしの書で、隷書体れいしょたいで書かれています。

法雨晴飛浄界曇雲番貝葉(法雨ほうう晴れやかに浄界じょうかいに飛び、曇雲貝葉どんうんばいようひろむ)

天華昼下長林祇樹雑栴檀(天華てんげ長林ちょうりんに下って、祇樹栴檀ぎじゅせんだんあつむ)
が掛けられるのも特徴です。

また、窟門くつもん窟門くつもんは総門の右側にあり、大石段を上がらずに女坂を通って上がる入り口になります。「白雲関はくうんかん」という中国風の門は本山の三門さんもん横にある門を模したものです。

門外已無差別路(門外もんがいすで差別しゃべつみち無し)

雲辺又有一重関(雲辺うんぺん一重いちじゅうかんり)
をくぐると女坂からだらだら坂であがれます。総門を入ると左手に跳ね返り不動はねかえりふどう跳ね返り不動はその昔本堂裏に遷座せんざしたことがあったのですが、不思議なことに一夜で元の場所に戻っていたので、それ以来、村人は跳ね返り不動と呼び篤く信仰してきました。 や大石段の途中右手に禁牌石きんぱいせき禁牌石きんぱいせきには「不許葷酒入山門」と刻まれて「葷酒くんしゅ山門さんもんるをゆるさず」と読みます。「くん」とはにら大蒜にんにくねぎなどの匂いの強い野菜で、葷や酒は山門内に入ってはいけないと禁止する表示です。この石碑は享保4年に第2代目天湫てんしゅう和尚によって建てられました。があります。